女性医師と看護師

さまざまな原因

うつ病は誰でもなる可能性がある

現代日本ではうつ病にかかる人が非常に増えていると言われています。その数はどんどん増加傾向にあり16人に1人といううつ病と診断されています。昔は認識があまりされていなかったのですが最近ではうつ病に関するような医療の番組や雑誌などの特集が掲載されることにより世の中に知識が広がりただの疲れだと思っていた人も症状が当てはまる事により病院へ行き判明するケースが多くなっています。心の病なのでほっといて良くなったり改善するものでは決してない事、病院で適切な治療を行えば誰しもが昔のような生活に戻れる可能性を秘めている事をもっと知ってほしいのと少しでも自分がそうではないかと感じた人が周りにもいた場合には病院で受診する事をすすめてほしいと思います。

原因とあらわれる症状について

ただし間違ってほしくないのはうつ病には自分はかからないと思っている人がいたらそれは間違いなのです。一般的には生真面目、几帳面、完璧主義者の人がなりやすいなどと言われていますが最近の傾向をみるとそうではないのです。うつ病は誰しもがかかる可能性がある心の病なのです。うつ病を発症する原因というのも正確なものは明確にはなっていないようですが、遺伝子なども関係しているようです。それにプラスで現代の社会で感じるストレスや生活習慣、そのが色んな物事に対しての考え方などが複雑に絡み合い発症する可能性があるのです。一般的に言われている症状というのが、何もする気になれない、眠れないなどの睡眠障害、誰とも会いたくない、気分が落ち込むなどの症状があらわれます。